Microsoft Technologyのエキスパート

製品・サービス

SCCM ベーシック インストール サービス


Windows Server 2003からWindows Server 2012 R2への移行にも対応
Microsoft System Center Configuration Manager 2012 R2 対応

SCCMと連携し、全社でのIT資産管理体制を構築

SCCM とは

効率的なクライアント管理を支えるSCCM

SCCM(Microsoft System Center Configuration Manager)は、クライアントコンピュータの構成管理に関する情報の収集、分析、ソフトウェア導入のための基盤となるマイクロソフトのサーバーミドルウェア製品です。 SCCMが製品の標準機能として提供する多彩な機能を組み合わせることで、セキュアで効率的なクライアントコンピュータ管理環境を実現することができます。


SCCMの主な機能

機能項目 機能についてのご説明
構成情報(インベントリ)の収集 管理するクライアントからハードウェアやネットワーク構成、導入済みソフトウェア、ソフトウェア ライセンス、適用済みのセキリティ更新プログラムなどの構成情報を自動収集し、一元管理します。
アプリケーション配布(通常)

リモートからアプリケーションをインストールします。なお管理者権限で動作しますので、ユーザーに特別な権限を与える必要がありません。

また クライアント(デバイス)だけでなくユーザーを対象にしたアプリケーション配布や、ユーザー向けポータル画面からのセルフサービスインストールも可能です。
アプリケーション配布(仮想) App-V(Application Virtualization)で仮想化されたアプリケーションについても配布することができます。
ソフトウェア更新プログラムの管理 Microsoft Updateと連携し、カタログ情報を利用したセキュリティ更新プログラムの展開(必須プログラムの検出および配信)が可能です。
マルウェア対策 マルウェア対策システム(System Center 2012 Endpoint Protection)と機能が統合されていますので、定義ファイルの配信や、感染状況のレポートも可能です。
OSの自動展開 標準構成のマスターPCからOSマスターイメージを取得し、ネットワークやDVDオフラインメディアを使用したOSイメージ展開が可能です。また、SCCMで管理するOSマスターイメージ(オフライン状態)へ ソフトウェア更新プログラムを自動的に適用することもできます。Windows To Goの展開にも対応しています。

ネットワーク検疫

(NAP機能統合)
ネットワークポリシーサーバー(Windows サーバー)と連携し、ネットワークアクセス保護(NAP)環境を実現します。検疫ポリシーに違反したクライアントの社内ネットワークへの接続をブロックするだけでなく、自動的にソフトウェア更新プログラムを適用(修復)して再接続させることもできます。
コンプライアンスと自動修復 特定のレジストリ値やファイルの存在をベースラインとして定義することで、クライアントの現状と望ましい状態(ベースライン)とのギャップを確認し、望ましい状態でない場合は自動修復を行うことができます。

ライセンス管理

(資産インテリジェンス)
ソフトウェアライセンスの購買情報を、実際のインストール数と比較し、レポーティングすることができます。

インターネットクライアント

管理
VPN接続を利用しない環境でも、インターネット上のクライアントを管理することができます。なお、別途証明書(PKI)の導入が必要となります。
モバイルデバイス管理 Windows Intune やExchange ActiveSync との連携により、モバイルデバイスの一元的な管理が可能です。

リモートコントロール

SCCM独自のリモートデスクトップツールにより、管理者様もしくはヘルプデスク様がクライアント ローカルにログオンしての作業が可能です。




PerfectWatch :SCCMとも連携し、高度なIT資産管理体制を実現

「継続性のあるIT資産管理体制」を実現するための方針/既定定義や、スタンドアロン/オフラインPCからのインベントリ収集機能、高度なワークフロー申請機能などについては、SCCM 単体では実現することができません。
当社の IT資産管理ノウハウを集約した管理ツール「PerfectWatch」なら、SCCMと連携しながら上記機能を実現し、Software Asset Management(SAM)に準拠したIT資産管理体制を実現します。


ソフトウェア辞書 : ソフトウェア名の名寄せに利用可能

「ソフトウェア辞書」は様々な利用者やツールベンダーからのフィードバックを元に、10万件※を超えるソフトウェア情報をマスターデータとして提供するサービスです。 辞書データは定期的に更新されるため、最新情報としてご利用いただけます。SCCMやその他インベントリツールなどで収集したインベントリデータについて、ソフトウェア名の名寄せに利用できます。
※ 2015年6月末現在


ご提供サービス

SCCM ベーシック インストール サービス

「SCCM ベーシック インストール サービス」は弊社の豊富なSCCM導入実績に基づく確かなノウハウを活かし、クライアント構成情報の収集および分析、セキュリティ管理、アプリケーションの一括導入運用が可能となるSCCMプラットフォームを迅速にご提供するソリューションです。

 

SCCM ベーシック インストール サービス:概要図

サービス概要


■SCCM ベーシック インストール サービス のサービス内容

提供機能 説明
サーバー基本構成 スタンドアロン プライマリサイトサーバーを1台、単一SCCMサイト構成にて構築します。
<前提事項>
  • SCCMサーバーのOSのバージョン:Windows Server 2008以降
  • SCCMサーバーのバージョン:SCCM 2012 SP1以降
  • SCCM用SQL Serverのバージョン:SQL Server 2008 SP2以降
  • Active Directoryドメインが存在し、SCCMサーバーおよび管理対象
  • クライアントが同一ドメインに所属していること
  • SCCMサーバーがインターネット接続可能であること
  • 管理対象クライアントOSがWindows XP Professional SP3以降のWindows OSであること
  • SCCMサーバーおよび管理対象クライアントについて、物理/仮想環境双方に対応しますが、OSインストールまで完了されていること
  • エージェントを初期導入する管理対象クライアントの上限数:3台
構成情報(インベントリ)の収集

クライアント デバイスの構成情報を収集・分析可能なSCCM環境を実現します。

ソフトウェア更新プログラムの管理

クライアント デバイスへのセキュリティ更新プログラム展開が可能なSCCM環境を導入し、テスト端末に対する試験を実施します。セキュリティ更新プログラムパッケージ作成/展開操作手順書のご提供および当該手順書に基づくスキル トランスファーを行います。

アプリケーション配布(通常)

クライアント デバイスへの通常アプリケーションの配布が可能となるSCCM環境を実現します。

<前提事項>

テストおよびスキルトランスファにて使用するアプリケーションにつきましては、「.exe」もしくは「.msi」形式インストーラのアプリケーション1種類のみとさせていただいております。
SCCM
基本操作手順書
基本パックで提供する機能を扱うための操作手順書をご提供します。


■SCCM ベーシック インストール サービスのプロセスおよび成果物

項目 内容 成果物
要件定義 SCCM構成、ネットワーク構成等についてヒアリングを行います。 要件定義書
基本設計 要件定義を基に、弊社基本設計テンプレートに沿いながらSCCM構成を決定します。 基本設計書
詳細設計 基本設計で定めた構成を実現するための具体的な設定値を定義します。 詳細設計書(パラメーターシート)
動作試験仕様書
運用設計 SCCMに関連する業務イベントの一般的な操作手順書をご提供します。 SCCM基本操作手順書
  • SCCM管理コンソール基本操作手順
  • SCCMエージェント導入手順
  • セキュリティ更新プログラムパッケージ作成/ 展開操作手順

  • アプリケーションパッケージ作成/展開操作手順
構築・試験

お客様の環境でスタンドアロンプライマリサイトサーバー1台を構築し、設定作業を実施します。

お客様にてご準備いただいた3台程度のテスト端末に対するSCCM機能テストを実施します。
運用引継ぎ

運用ご担当者様に対して、SCCM基本操作手順書に基づいたスキル トランスファ(2日間)を行います。


SCCM をご利用にいただくにあたって

SCCMサーバーのハードウェアのご調達およびSCCMライセンスのご契約につきましては、貴社にてご対応いただく必要がございます。SCCM のライセンスに関する詳細情報につきましては、以下リンク先のドキュメントをご参照ください。

SCCM2012ライセンスデータシート




価格・導入事例・オプション

価格

サービス名 期間 価格(税別)
SCCM ベーシック インストール サービス 1.5ヶ月 \1,800,000
SCCM ベーシック インストール サービスのサービス内容
<SCCMサーバー構築>
  • SCCM2012 SP1以降 スタンドアロン
    プライマリサーバー構築:1台
  • SCCM2012 SP1以降 クライアントエージェント
    インストール:3台
<ご提供機能>
  • 構成情報(インベントリ)の収集機能
  • ソフトウエア更新プログラムの管理
  • アプリケーション配布(通常)機能
<成果物>
  • 要件定義書
  • 基本設計書
  • 詳細設計書 (パラメータシート)
  • 動作試験仕様書
  • SCCM基本操作手順書
<スキルトランスファ>
  • SCCM基本操作手順書に基づくご担当者へのスキルトランスファ
 

導入事例

某製造業様 SCCM 2012 R2 導入事例

「SCCM ベーシック インストール サービス」を始めとして、10台のSCCMサーバーを導入いただき、14,000台のクライアントを効率的に管理できる環境を構築されました。


<SCCM2012 SP1サーバー構築>

  • 管理クライアント数:約14,000台
  • セントラル管理サイトサーバー:1台
  • プライマリサイトサーバー:9台

<実現機能>

  • 構成情報(インベントリ)の収集機能
  • ソフトウェア更新プログラムの管理機能
  • アプリケーション配布(通常)機能

導入事例

導入効果

インベントリ自動収集

インストール済みのアプリケーションの種類・数量などのインベントリ情報を自動的に収集できるようになったため、収集したインベントリ情報を分析することで、リプレース対象とするクライアントや必要なライセンス購入数等の把握が可能になりました。


ソフトウェア自動更新プログラム自動配布

クライアントセキュリティの向上に加え、夜間帯での配布スケジュール、再起動抑制、サイレント・インストールといった、きめ細やかな配布ポリシーの利用が可能となったことで、ユーザーの負荷軽減を実現しました。


アプリケーション一括配布

クライアントのローカル管理者でのログオン無しにローカル管理者権限でのアプリケーションインストールが可能になりました。 また、ユーザーを中心としたアプリケーション配布機能により、専用ポータル画面からユーザー自身によるセルフ インストールが可能となり、管理者の負荷軽減を実現しました。



オプション

オプション機能の導入サービス

下記のオプション機能導入については弊社にご相談ください。別途お見積りさせていただきます。


オプション項目 実装機能
機能オプション マルウェア対策
OSの自動展開
アプリケーション配布(仮想)
ネットワーク検疫(NAP機能統合)
コンプライアンスと自動修復
ライセンス管理(資産インテリジェンス)
インターネットクライアント管理
モバイルデバイス管理
リモートコントロール
拡張性オプション マルチサイト化
サイトサーバーの増設
冗長化オプション サーバー役割の冗長化
バックアップオプション サイトサーバーのバックアップ・復旧
移行オプション SMS2003からの移行
SCCM2007からの移行


PerfectWatch :SCCMとも連携し、高度なIT資産管理体制を実現

「継続性のあるIT資産管理体制」を実現するための方針/既定定義や、スタンドアロン/オフラインPCからのインベントリ収集機能、高度なワークフロー申請機能などについては、SCCM 単体では実現することができません。
当社の IT資産管理ノウハウを集約した管理ツール「PerfectWatch」なら、SCCMと連携しながら上記機能を実現し、Software Asset Management(SAM)に準拠したIT資産管理体制を実現します。


ソフトウェア辞書 : ソフトウェア名の名寄せに利用可能

「ソフトウェア辞書」は様々な利用者やツールベンダーからのフィードバックを元に、10万件※を超えるソフトウェア情報をマスターデータとして提供するサービスです。 辞書データは定期的に更新されるため、最新情報としてご利用いただけます。SCCMやその他インベントリツールなどで収集したインベントリデータについて、ソフトウェア名の名寄せに利用できます。
※ 2015年6月末現在

システム サポート サービス

当社の「システム サポート サービス」にご契約頂ければ、サービスイン後の技術的なお問い合わせにも対応し、システムの安定的な運用をご支援します。

ページトップへ


取得コンピテンシー

プライバシーポリシー 当社は個人情報を適切に取り扱う事業者として、
プライバシーマークの付与認定を受けています。

個人情報保護への取り組み

EQA