サイト内検索 検索

ニュースリリース

トピックス

※下記ニュースリリースに記載されている情報は、発表した日のものであり、社名や製品名など最新の情報と異なる場合がございます。
予めご了承願います。

トピックス

2009/04/02

弊社の熊澤 技術フェロー特別役員がMicrosoft MVPアワードを受賞しました。

※下記ニュースリリースに記載されている情報は、発表した日のものであり、社名や製品名など最新の情報と異なる場合がございます。予めご了承願います。

弊社の熊澤がMicrosoft MVPアワードを受賞

弊社の熊澤 幸生 技術フェロー特別役員が「Microsoft MVP(Most Valuable Professional)アワード」を、Data & Storage-SQL Server専門分野で受賞しました。今回の受賞により、熊澤のMVPアワード受賞は2007年から引き続いて3回連続となります。

「Microsoft MVPアワード」とは、米マイクロソフト本社が全世界の個人を対象に実施している1年毎の表彰制度です。 オンライン、オフラインを問わず、世界中のテクニカルコミュニティなどで活躍し、高度な専門的知識を有する個人に贈られ、受賞者は全世界でわずか3500人ほど(日本国内ではこのうち約230人)です。

さらに、Data & Storage SQL 部門のMVPは全世界で260名と少数であり、弊社の熊澤のSQL Serverに関する深い貢献と高度な専門知識、業界でも極めて優秀な専門家である点が認められ、2007年から2009年まで連続してのMVPアワード受賞となっています。

Microsoft MVPについてはこちら

マイクロソフトMVPアワードを受賞して

「私の担当するお客様でも、SQL Server 2000 からSQL Server 2005 x64 、SQL Server 2008への本格的な移行が始まっています。従来に比べて、サーバーハードウェア価格の大幅な低下、64ビットメモリー環境への移行、SASを中心とした新しいストレージテクノロジーの利用等、NUMAアーキテクチャのハードウェアへの対応が大きな魅力となっているからです。
今後も、これらの実プロジェクトで得られたケース・スタディを各種イベント、コミュニティ等の場で公開し、日本のSQL Server 技術者の技術レベル向上に貢献していきたいと考えています」
(熊澤 幸生 技術フェロー特別役員)

熊澤技術フェロー特別役員

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは下記までお願い致します。
広報担当  Email: cwt-pr@cskwin.com
※Microsoft,Windowsは、Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

ページトップへ


取得コンピテンシー

EQA
※認証範囲:Winテクノロジ事業ユニット

Facebook

Facebookページ【Winテクノロジ事業ユニット】
SNS公式アカウントコミュニティガイドライン