サイト内検索 検索

ニュースリリース

トピックス

※下記ニュースリリースに記載されている情報は、発表した日のものであり、社名や製品名など最新の情報と異なる場合がございます。
予めご了承願います。

トピックス

2014/01/06

「Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策」と題した書籍を弊社エンジニアが執筆しました。

Windows Serverの知識に長けたベテランエンジニアが障害に負けない強靭なシステム構築を伝授!

震災以降、ITの導入要件として特に重要視されるようになったBCP対策。Windows Server 2012の登場以降、Hyper-Vによる仮想マシンのレプリケーションやクラウドサービスとのシームレスな連携など、障害対策・BCP対策に適したさまざまな機能が追加されています。この度、Windows Serverで長年インフラ設計・構築を担当している弊社ベテランエンジニアが、「Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策」と題した書籍を執筆いたしました。 お客様の情報システムの安定稼働と運用管理の効率化を目的に、障害に負けない強靭なシステム構築を伝授いたします。

タイトル

Windows Server 2012&クラウドで実現する耐障害性対策・BCP対策


著者

株式会社CSK Win テクノロジ:尾谷武弘、秋葉康智、鈴木健太、浅野多賀也、増井匡範、渡邊崇彦、左部貴士


出版社

株式会社KADOKAWA (ASCII MEDIA WORKS)


目次

第1章 Windows Server 2012で実現する耐障害性、BCP対策とは
1.1 背景
1.2 耐障害性対策
1.3 BCP対策
1.4 クラウド

第2章 Windows Server 2012を利用したシステムの冗長化
2.1 フェールオーバークラスタリング(WSFC)
2.2 NLB(Network Load Balancer)
2.3 ファイルサーバーの冗長化構成
2.4 DHCP(動的ホスト構成プロトコル)
2.5 Hyper-Vレプリカ

第3章 クラウドサービス(Office 365)の利用
3.1 オンプレミスActive DirectoryとOffice 365の連携
3.2 事前準備
3.3 Active Directory設定変更(オンプレミス側)
3.4 Office 365セットアップモジュールのダウンロード
3.5 ADFSの構成
3.6 ディレクトリ同期サーバーの構成
3.7 Office 365用ライセンスの割り当て
3.8 シングルサインオンの確認
3.9 ADFS Proxyの構成
3.10 オンプレミスADとOffice 365の連携時の冗長化(負荷分散)構成

第4章 クラウドサービスを利用したID基盤(Active Directory)
4.1 ID基盤のクラウドサービス利用シナリオ
4.2 Windows Azure Virtual Machineでのコンピューター作成手順

第5章 クラウドサービスを利用したデータバックアップ
5.1 Windows Server Backup
5.2 Windows Azure Backupを利用したバックアップについて

第6章 便利なMicrosoft無償ツールの利用シナリオ
6.1 Windows Server 2012をクライアントOSからリモート管理
6.2 Windows ADKによるOS展開管理
6.3 Microsoft Deployment ToolkitによるOS展開
6.4 企業間や企業内グループ間の合併統合などによる、Active Directory統合(移行)
6.5 ファイルサーバーリプレース時のファイルサーバーサイジング、移行


 

 


お問い合わせ先

上記、書籍に関するご質問などが ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
営業部 Email: sales@cskwin.com


ページトップへ


取得コンピテンシー

EQA
※認証範囲:Winテクノロジ事業ユニット

Facebook

Facebookページ【Winテクノロジ事業ユニット】
SNS公式アカウントコミュニティガイドライン