サイト内検索 検索

ニュースリリース

トピックス

※下記ニュースリリースに記載されている情報は、発表した日のものであり、社名や製品名など最新の情報と異なる場合がございます。
予めご了承願います。

トピックス

2021/04/28

Microsoft Power PlatformとSAP ERPの連携でDXを加速


 Winテクノロジ株式会社(代表取締役社長 土方 常彦 本社:東京都新宿区西新宿、以下 Winテクノロジ)は、データの収集から解析・予測までローコーディングで実現するプラットフォーム「Microsoft Power Platform」と、SAP ERPとの連携の要望が高まっていることを受け、Power Platform向けソリューションのSAP ERP連携支援サービスを開始しました。


1.背景

 IoTやAIといった最新テクノロジーを活用するデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する基盤としてPower Platformが注目されており、Power PlatformからSAP ERPを利用した基幹システムへの接続の要望も高まっています。
 今回、WinテクノロジのPower Platform向けソリューションを、基幹業務パッケージであるSAP ERPとの連携に対応させることで、基幹業務システムに蓄積されたデータの利活用を促進し、お客様のDX推進を技術的な側面から強力に支援します。


2.Power PlatformとSAP ERP連携の概要

 Microsoft Power PlatformとSAP ERPとの連携は、「Power AppsおよびPower Automate用SAP ERPコネクタ」を通じて行います。
 これにより、ユーザーはMicrosoft Power Platformを活用して最新のアプリケーションを開発し、SAP ERPのデータに対するビジネス プロセスの自動化や可視化を行うことが可能になります。
 Winテクノロジは、SAP ERPコネクタの技術検証で培った知見を、Power Platform向けテクニカル アドバイザリ サービス等を通じて提供します。

SAP ERP Microsoft Power Platfrom Cpnnector連携イメージ


3.日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

  日本マイクロソフトは、Winテクノロジ株式会社様によるMicrosoft Power PlatformとSAP ERPの連携によるDXの加速を心より歓迎いたします。ベースとなっているMicrosoft Power Platformは、ビジネス ニーズを理解しているユーザーがコードを書く事無く、すぐにアプリケーションを構築することが出来る、統合アプリケーション プラットフォームであり、SAP ERP Connectorにより基幹システムであるSAP ERPとつながることで、お客様のビジネスプロセスのデジタル化の推進に寄与できると確信しております。
今後も日本マイクロソフトはWinテクノロジ株式会社様との連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーション推進に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 副事業本部長
執行役員
サービスパートナービジネス統括本部 統括本部長
近藤 禎夫

本ソリューションに関するお問い合わせ先

■本サービスに関するお問い合わせ先

Winテクノロジ株式会社
システム事業本部 Data&AI事業部
E-mail:pp-presales@scskwin.com

■報道関係お問い合わせ先

Winテクノロジ株式会社
営業本部 営業部 営業推進課
E-mail:annouce@scskwin.com



  • 記載された内容は発表日現在の情報です。
  • Microsoft、Power Platform、PowerApps、Power Automate、Power BIは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。
  • SAP、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
  • その他、文中に記載された会社名および製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

ページトップへ


取得コンピテンシー

プライバシーポリシー 当社は個人情報を適切に取り扱う事業者として、
プライバシーマークの付与認定を受けています。

個人情報保護への取り組み

EQA
※認証範囲:Winテクノロジ事業ユニット

Facebook

Facebookページ【Winテクノロジ事業ユニット】
SNS公式アカウントコミュニティガイドライン