ニュースリリース

ニュースリリース

※下記ニュースリリースに記載されている情報は、発表した日のものであり、社名や製品名など最新の情報と異なる場合がございます。
予めご了承願います。

トピックス

2020/06/30

自社ワークフロー「Smart Workflow」クラウド対応版を今秋リリース
~在宅勤務の障害となる紙ベースの申請・承認業務のデジタル化を早期に実現~



 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される昨今、企業においては、在宅勤務をはじめとしたリモートワークなどの新しい働き方に対応するため、社内に多数ある紙ベースの申請・承認業務のデジタル化が急務です。そのためには、簡単な業務帳票については社外に開発依頼することなく自社で作成できること、また社内社外に限らずクラウドを通じてどこからでも容易に申請・承認できることが求められています。

WinテクノロジのSmart Workflowは、Active Directoryとの連携などにより、既存のWindows環境にベストマッチするワークフローソリューションです。2005年の発売以来、多くのお客様にご利用いただくとともに、Notesからの移行にも対応しています。

このたびWinテクノロジでは、新しい働き方への課題解決に向け、定評のあるSmart Workflowをクラウド環境に対応させることで、在宅勤務の障害となる紙ベースの申請・承認業務のデジタル化を早期に実現します。
マイクロソフトが提供するローコードアプリ開発機能であるPower AppsをはじめとしたPower Platform製品とSmart Workflowの連携により、容易な帳票作成と、クラウド環境、モバイル環境を含めた最新プラットフォームでの申請・承認処理が可能となります。


Smart Workflowクラウド対応版の特長

  • 日本企業特有の申請・承認ルールを長年の運用で蓄積、そのノウハウをワークフローエンジンに反映
  • Microsoft 365(旧Office 365)をご利用のお客様に向け、最適な利用環境を提供
  • 使用頻度が低く、効率化が難しい紙の申請・承認業務も短期間、低コストでデジタル化が可能
  • すぐに使える「在宅勤務」ワークフロー申請書テンプレート集を装備
  • Microsoft InfoPathを帳票ツールとして利用するワークフロー製品からの移行を強力に支援
※InfoPath2013は、2021/7/13にメインストリームサポート、2026/7/14に延長サポートが終了予定です。

今後の予定


 WinテクノロジはSmart Workflow新版の提供開始を2020年11月より予定しており、在宅勤務や多様な働き方を支えるワークフローソリューションとして展開してまいります。同時に業務効率化・デジタル化が進まない企業に対して、Smart WorkflowやPower Appsを活用したデジタル化を推進するサービスメニューを提供します。
 また、コロナ禍後の新しい社会が抱える課題をITで解決するべく、今後もクラウドに関連したさまざまなサービスを拡充する予定です。


関連情報


Smart Workflow製品Web:
https://www.scskwin.com/product/tabid/212/Default.aspx



■本サービスに関するお問い合わせ先

Winテクノロジ株式会社
営業部
Sales@scskwin.com



※記載された内容は発表日現在の情報です。予告なく変更することがあります。
※文中に記載された会社名および製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
※Smart WorkflowはWinテクノロジ株式会社の登録商標です。
※Microsoft、Power Apps、Power Platformは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

ページトップへ


取得コンピテンシー

プライバシーポリシー 当社は個人情報を適切に取り扱う事業者として、
プライバシーマークの付与認定を受けています。

個人情報保護への取り組み

EQA

Facebook

WinテクノロジのFacebookページ
SNS公式アカウントコミュニティガイドライン