Microsoft Technologyのエキスパート

製品・サービス

SharePoint診断サービス

SharePointの運用・活用での重要ポイントは?

「体力低下」や「運動不足」で人間の健康が知らず知らずのうちに悪化することが多くあります。さらに、目に見えない健康悪化は、自己診断だけではなかなか発見できません。

SharePoint Serverもいつの間にか健康状態が悪化していることがあるのをご存知ですか?


お使いのSharePoint Serverの「自己診断」は?

■今のところ現状維持で良いのでは…
  • しかし、本当に正しく運用できていますか?
  • なんとなくおかしいとは思っていても、とりあえずユーザーが使えているので原因究明を先延ばしにしていませんか?
■改善や拡張をしようと思ってはいるが…
  • どこを改善するか分析されていますか?
  • ユーザーがどのように利用しているかを明確に把握することが必要です。
  • ファイルサーバー統合などSharePoint環境の拡張を計画していても、現在のハードウェアで対応可能ですか?
■SharePointのバージョンアップを考えている
  • どんなサービスレベルを提供しますか?
  • 移行すべきデータを把握していますか?

ご要望に合わせた2つのメニューをご用意

現状のまま使うにしても、改善やバージョンアップを行うにしても、最も重要なのはSharePointの現状を正しく把握することです。この現状把握のために、SharePointの健康診断=「SharePoint診断サービス」をご活用ください。

SharePoint診断サービスでは、お客様のご要望に合わせて2つのメニューをご用意しています。

自分の会社のSharePointは大丈夫なのか不安があるお客様

  • サーバー台数に不足はないか?
  • サービスダウンやサービス遅延につながる潜在的な問題はないか?
  • サービスアカウントの設定は正しいか?
  • 重要なホットフィックスが適用されているか?
  • サイトコレクションの中にどれくらいのサイトがあるのか?
  • データベースは最適な状態か?
  • インデックスは正常に動作しているか?
  • 次のバージョンに移行する前に現状を把握していますか?

SharePoint Serverを以前導入したが、有効活用できているかお悩みのお客様

  • サイトの利用状況を把握していますか?
  • 今後のサイトのリニューアルや更新に関して、コンテンツ管理者のアイディアの元になるデータはありますか?

ヘルスチェックサービスとは

■SharePoint Serverのシステムの現状を診断する「SharePointの健康診断」です。
■診断実施をお勧めする方:システム管理者


SharePoint 健康診断メニュー

どのような項目でSharePointに不安がありますか? 気になる検査項目をお選びください。
■項目をクリックすると、診断内容と診断結果例を確認できます■

コンポーネント検査
システム検査
セキュリティ検査

ヘルスチェックレポート例

  • 上記の各種ヘルスチェック診断後、全体の総括としての診断レポートをご提示します。
  • 診断レポート(Word 30~40ページ程度)

ヘルスチェック総括
【ヘルスチェック総括 レポート例】


ご提供サービスについて

ヘルスチェック 調査対象

ヘルスチェックでは、これまでに提供されているSharePointの全バージョンに対応致します。


サービスの流れ

ヘルスチェック

利用状況確認とは

■SharePoint Serverが有効活用されているか、IIS(Internet Information Services)のログを検査します。
■診断実施をお勧めする方:コンテンツ管理者

IISのログを調査し、SharePointが実際にどのように利用されているかを分析します。

【調査内容の例】
  • SharePointは期待した通りに利用されているか?
  • 日/週/月などの利用傾向は?
  • 閲覧数の多いファイルはどれか? etc

SharePoint 利用状況確認 検査項目

■利用状況分析(1Webアプリケーション)

  • 日次ユニークユーザー数(Webアプリケーション単位のアクセス数/アクセスユーザー数の日次遷移の提示)
  • 日次アクセス数
  • 月次ユニークユーザー数(Webアプリケーション単位のアクセス数/アクセスユーザー数の月次遷移の提示)
  • 月次アクセス数
  • 曜日/時間帯別アクセス数(Webアプリケーション単位の曜日/時間帯別アクセス数遷移の提示)
  • ユーザー層(ヘビーユーザー、アクティブユーザー、ノンアクティブユーザー)
    SharePointへのアクセス頻度別割合の提示

■利用状況分析(1サイトコレクション)

  • サイト別日次ユニークユーザー数(サイトコレクション単位のアクセス数/アクセスユーザー数の日次遷移の提示
  • サイト別日次アクセス数
  • サイト別月次ユニークユーザー数(サイトコレクション単位のアクセス数/アクセスユーザー数の月次遷移の提示)
  • サイト別月次アクセス数サイト別曜日/時間帯別アクセス数(サイトコレクション単位の曜日/時間帯別アクセス数遷移の提示)

■TOPサイトのジャンプ分析

  • Topサイトから遷移するページ割合の提示

■TOPサイトのジャンプ分析

  • 検索キーワードトップ20(検索時に使用されたキーワード上位20個の提示)
  • サイト別日次アクセス数
  • 月次検索数(検索数の月次遷移の提示)
  • 月次検索実施ユニークユーザー数(検索を実施したユーザー数の月次遷移の提示)

■使用ブラウザ

  • サイトへアクセスするブラウザの割合提示

■閲覧が多いOfficeファイル

  • 閲覧およびダウンロード数上位20ファイルの提示

利用状況確認レポート例

■レポート目次例

  • 上記の各種利用状況の調査後、調査レポートをご提示します。
  • 利用状況解析結果報告書(20ページ程度)
利用状況レポート例

【利用状況分析 レポートイメージ】


ご提供サービスについて

サービスの流れ

利用状況確認

ページトップへ


取得コンピテンシー

プライバシーポリシー 当社は個人情報を適切に取り扱う事業者として、
プライバシーマークの付与認定を受けています。

個人情報保護への取り組み

EQA