Microsoft Technologyのエキスパート

製品・サービス

App-V 導入サービス

App-V とは

Microsoft Application Virtualization

Microsoft App-V

Microsoft Application Virtualization (以下、App-V) は、エンドユーザーのクライアントPCにアプリケーションを直接インストールすることなく、アプリケーションを利用できるようにする『アプリケーション 仮想化』テクノロジーです。 Hyper-Vは、ハードウェアを抽象化し、Windows OSを物理的なハードウェアから分離する仕組みある一方、App-V はアプリケーションの実行環境を抽象化し、OS から分離した仮想アプリケーションを提供します。この仕組みによって、同じアプリケーションの異なるバージョンを同時に実行させることが可能です。


App-V 利用のメリット

  • アプリケーションを仮想化し、インストールを行うことなく利用可能
  • 同じアプリケーションを複数バージョンで同時に利用可能
  • アプリケーションを事前に設定済の状態で展開が可能
  • Active Directoryのセキュリティグループにあわせて自動配信や利用停止が可能
  • アプリケーションの利用状況のレポート収集が可能

App-V の機能

機能項目 機能についてのご説明
アプリケーションのインストールと更新が不要 仮想アプリケーションは、クライアント PC にキャッシュされるだけで利用可能です。アプリケーションのパッチ更新やバージョンアップも、一元的に実行できます。
ローカルアプリケーションと変わらない応答性 仮想アプリケーションは、クライアント PC のローカルのリソースを使用して実行されるため、応答性はローカルアプリケーションと変わりません。
クライアントOS 環境からの分離 仮想アプリケーションは、システムに変更を加えません。システム ファイルや他のアプリケーションのDLL ファイルとの競合が発生しません。
多言語、64 ビット、Microsoft Office 2010 への対応 App-V 4.6 以降は、23 言語対応、64 ビット アプリケーションのシーケンス、Microsoft Office 2010 のシーケンスに対応しています。
特定のドライブレターを必要としない App-V 4.6 以降は、特定のドライブレターの指定が不要になりました。
WEBベースでの管理コンソール ブラウザベースでApp-V サーバーの管理コンソールを開き、GUIベースによる操作ができます。
適切な資産管理とコンプライアンスを支援 App-V サーバーから配信コントロールすることにより、アプリケーションの不正使用を防止します。

App-V 導入サービス

アプリケーション管理の課題

アプリケーション管理に関して以下のような課題はありませんか。

  • クライアントPC切り替え時のアプリケーションを入れ替えるのが大変・・・
  • 移行時に旧バージョンのアプリケーションも同時に使えないものか・・・
  • ユーザーによっては1つ前のバージョンのMicrosoft Office が必要である・・・
  • 勝手にアプリケーションをインストールされると実際の利用状況が把握できない・・・
  • システム管理者によるアプリケーションの集中管理を強化したい・・・

アプリケーションに関わるさまざまな問題

App-V 導入サービス

App-V の基本機能を迅速に展開

App-V 導入サービスは、弊社の豊富なApp-V導入実績に基づく確かなノウハウを活かし、クライアント構成情報の収集および分析、セキュリティ管理、アプリケーションの一括導入運用が可能となるApp-V仮想プラットフォームを迅速にご提供するソリューションです。 App-Vの基本的な機能を中心に、『App-V 基本パック』として、定額/短期間で導入いただけるメニューを用意しています。
※「App-V 基本パック」以外の作業につきましては、個別でのお見積・ご相談も可能です

アプリケーションに関わるさまざまな問題
App-V 基本パックのサーバー構成(App-V サーバー/SQL サーバーは同居)

App-V 基本パック

 
導入サービス内容
提供機能 説明
App-V サーバー
基本構成
App-V サーバーを1台、App-V シーケンサーを1台構築致します。

<前提事項>
・App-V サーバーのOSのバージョン:Windows Server 2008 R2以降
・App-V サーバーのバージョン:4.6 SP1以上
・App-V 用SQL Serverのバージョン:SQL Server 2008 SP2以降
・Active Directoryドメインが存在し、App-V サーバーおよび仮想パッケージ配布対象クライアントが同一ドメインに所属していること
・配布対象クライアントOSがWindows 7 SP1以降のWindows OSであること
・App-V サーバーおよびシーケンサー用クライアントについては、物理/仮想環境双方に対応致しますが、Windows OSのインストールまで完了されていること
・App-V エージェントを導入する管理対象クライアントの上限数:2台
シーケンサーの基本構成 仮想アプリケーションを作成する環境を構築します。
アプリケーション配布 仮想アプリケーションを配布できるように設定します。
App-V 基本操作手順書 基本パックで提供する機能を扱うための操作手順書をご提供致します。

「App-V 基本パック」導入サービスのプロセスおよび成果物
項目 内容 成果物
要件定義 App-V サーバー構成、仮想アプリケーション等についてヒアリングを行います。
基本設計 要件定義を基に、弊社基本設計テンプレートに沿いながらApp-V サーバー構成を決定します。 基本設計書
詳細設計 基本設計で定めた構成を実現するための具体的な設定値を定義します。 詳細設計書 (パラメータシート)
・Windows Server OS 用
・App-V サーバー用
運用設計 App-V サーバーの一般的な操作手順書をご提供します。 ・App-V サーバー基本操作手順書
・App-V 管理コンソール基本操作手順
・シーケンス手順書
・App-V エージェントのインストール
構築・試験 お客様の環境でApp-V サーバー1台を構築し、設定作業を実施します。
シーケンサーを構築し、仮想アプリケーションを1種類作成します。
お客様にてご準備いただいたテスト端末に対して、仮想アプリケーションの配信テストを実施します。
運用引き継ぎ 運用ご担当者様に対して、App-V基本操作手順書に基づいたスキルトランスファー(半日)を行います。

ハードウェアおよびソフトウェアライセンス

App-V サーバーのハードウェアもしくは仮想基盤のご調達、およびMDOPライセンスのご契約につきましては、貴社にてご対応いただく必要がございます。Application Virtualizationは製品単体で販売されておりません。ソフトウェアシュアランス契約を結んでいる企業へ特典となっております。MDOPのライセンスに関する詳細情報につきましては、以下リンク先をご参照ください。

オプション項目

App-V 基本パックのオプション導入につきましてもご相談下さい。別途お見積りさせていただきます。

オプション項目 実装機能
機能オプション SCCM サーバーとの連携による統合管理
シーケンスアプリケーションの追加
拡張性オプション SQL サーバーの冗長化 (クラスター構成)
冗長化オプション App-V サーバーの冗長化 (複数台による負荷分散)
バックアップオプション App-V サーバーのバックアップ・復旧設計
※ Windows OS 標準のWindows Server バックアップを実装します。
※ Windows Server バックアップのリストア手順書を提供致します。

関連サービス

弊社のシステム サポート サービスにご契約頂ければ、サービスイン後の技術的なお問い合わせにも対応し、システムの安定的な運用をご支援します。

システム サポート サービス
    Microsoft 製品に強く、豊富な知識と経験を持つエンジニアがサポート


価格・事例

価格

「App-V サーバー基本パック」導入 ご提供価格(参考)
ご提供内容 期間 価格(税別)

「App-V 基本パック」導入サービス

 <App-V システムの構築>
・App-V サーバーの構築:1台
・Application Virtualization のインストール
・SQL サーバーのインストール
・App-V シーケンサーの構築:1台
・App-V エージェントの導入と配信試験:2台

<ご提供機能>
・仮想アプリケーションの配信

<成果物>
・基本設計書
・詳細設計書 (Windows OS、App-V パラメータシート)
・App-V 基本操作手順書

<スキルトランスファー>
・App-V 基本操作手順書に基づくご担当者へのスキルトランスファー

1ヶ月

\980,000~

前提条件
基本パックで構築するApp-V サーバーは以下の構成とします。
  • App-V 用のデータベースサーバー(SQL Server)は、App-V サーバーと同居する構成します。
  • 配信用の仮想アプリケーションは、App-V サーバーローカルドライブに配置する構成とします。
  • 基本パックのプロジェクト期間は1ヵ月としております。(App-V サーバーおよびシーケンス用クライアントをプロジェクト開始時までにご手配いただく必要があります)
  • ご手配いただくApp-V サーバーおよびシーケンス用クライアントは、物理環境もしくは仮想環境のどちらでも構いません。
基本パック対象外事項
  • App-V サーバーのハードウェアセットアップ、Windows Server OSの初期インストール
  • MSFC および Windows NLB による負荷分散・冗長化の設計・導入
  • アプライアンス製品を用いたネットワーク負荷分散の設計・導入
  • 仮想パッケージ保管を目的とした専用ストレージを絡めた設計・導入
  • ウィルス対策、監視等の運用プロダクトの設計・導入
  • Microsoft Office アプリケーション以外のシーケンス作業およびシーケンス可否の検証

App-V サーバー導入事例

事例1:某建設機器製造業 様

  • システム構成:App-V サーバーとSQLサーバーを分離して構成
    ※ 仮想基盤に構築して稼働させています。
  • 配布アプリケーション:Microsoft Office 2010
  • 配信規模:3,000名

アプリケーションに関わるさまざまな問題


事例2:某金融業 様

  • システム構成:App-V サーバーとSQLサーバーの冗長化
  • 配布アプリケーション:Microsoft製品・サードパーティー製品
  • 配信規模:2,000名

App-V サーバーとSQL サーバーの冗長化


事例3:某製造業 様

  • システム構成:App-V サーバーの冗長化(コールドスタンバイ型)
  • 配布アプリケーション:Microsoft製品・サードパーティー製品
  • 配信規模:200名

App-V サーバーの冗長化 コールドスタンバイ構成

ページトップへ


取得コンピテンシー

プライバシーポリシー 当社は個人情報を適切に取り扱う事業者として、
プライバシーマークの付与認定を受けています。

個人情報保護への取り組み

EQA