製品・サービス

SQL Server EOS 対応ソリューション

Microsoft SQL Server 2008 / 2008 R2 の EOS (End of Support : サポート終了) は 2019 年 7 月 9 日です。

この日をもって SQL Server 2008 / 2008 R2 には、機能追加のサービスパックはもちろん、セキュリティ ホールが見つかっても、対策パッチが提供されることもありません。


発生する課題

  

EOS を迎えると、お客様の SQL Server では以下のような重大な課題が発生してしまいます。

  • データ漏洩や改ざんのセキュリティ リスクに晒される。
  • 困ったときの問い合わせ先がなくなる。
  • セキュリティ更新プログラムを追加購入することもできるが、毎年、サーバーごとに、ライセンス価格の 75% という高額な費用が必要になる。

SQL Server をサポート範囲内のバージョンに刷新するにも、以下のような課題が発生します。

  • EOS が目前のため必要な計画を立てる時間がない。
  • アプリケーションへの影響度合いが計り知れない。
  • ただの製品バージョン アップに多額のコストをかけられない。

そこで

SQL Server EOS 対応ソリューション で一気に解決!


  • EOS を迎えるサーバーをそのままお手軽に Azure へ Lift (=そのままクラウドに移行) します !
  • Azure へ移行することにより、Microsoft から 3 年間の延長サポートが無償で受けられます !
  • その間に、SQL Server のスペシャリストがベストなモダナイゼーションをサポートします !
  • 弊社クラウド サービス「Cloud DB Doctor」が、SQL Server の専任 DBA として最適な DB 運用を支援します !

概要

対象サーバーをAzureへ移行 SQL Server モダナイゼーション支援 移行後の運用支援

EOS対応イメージ

Microsoft Azure Platform + Cloud DB Doctor

進め方

下記スケジュールは、物理サーバー 5 台を対象とする場合のスケジュール


料金

詳細については弊社にお気軽にお問い合わせください。

サービス名 金額(税別)
SQL Server Azure マイグレーション \1,000,000~
テクニカル コンサルテーション 1 か月 \400,000~
Cloud DB Doctor 年間 \960,000~

ページトップへ


取得コンピテンシー

プライバシーポリシー 当社は個人情報を適切に取り扱う事業者として、
プライバシーマークの付与認定を受けています。

個人情報保護への取り組み

EQA

Facebook

WinテクノロジのFacebookページ
SNS公式アカウントコミュニティガイドライン