サイト内検索 検索

Microsoft Intune 導入支援事例

ケイ・インターナショナルスクール東京 様

Corporate Profile:
学校法人ケイ・インターナショナルスクール東京(KIST)
KISTは、首都圏のインターナショナルコミュニティーに、特定の宗教を基盤としない幼稚園から12年生(高校3年生)までの男女共学教育を提供する私立校です。1997年に設立され、2000年7月に東京都から学校法人として認可を受け、現在では約640人の生徒が通っています。
国際バカロレア(IB)のDPプログラムでの高い成功を目指し意欲ある生徒が取り組んでいます。

<IBの3プログラム>
  • ディプロマ・プログラム(DP): 11年生と12年生対象。非常に難易度が高く厳しいことで知られる高校のカリキュラムとして広く認識され、世界中の大学の受験資格として認められています。
  • ミドル・イヤーズ・プログラム(MYP): 6年生から8年生の生徒対象
  • プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP):3歳から5年生の生徒対象
<IGCSEカリキュラム>
  • 9-10年生を対象に2019年度より導入
<DP 世界共通試験の実績>(45点満点)
  • 2019年度 合格者の世界平均 29.6点 KIST合格者平均  39.2点(世界最高点45点満点獲得者も在籍)
  • 2016年度以降、日本国内でトップの結果を出しています

Microsoft Intune の導入でIT担当と教職員のストレスを一気に解消


ケイ・インターナショナルスクール東京様
学校風景:2020年に建替えが予定されている旧校舎とグラウンド

学校法人ケイ・インターナショナルスクール東京(以下、KIST)では 教室設置の生徒用 PC と教職員用 PC の運用管理に悩みを抱えていた。

  • PC の利用者(教職員)を変更する時
  • PC 自体を入れ替える時
  • 故障時に代替機の設定をする時
  • 共通ソフトを新たに展開する時

そこでクラウド環境で利用でき、コスト面と導入の容易さから Microsoft Intune(以下、Intune ) に目を付けた。 Active Directory だけの導入では満たせない要件をカバーできるうえ、少ない運用負担でIT担当と教職員の不満を解消できると考えた。
しかし、Intune の利用経験を持たない内部人材だけでの導入には不安があり、外部ベンダーによる支援が必要だった。
KIST 内の IT 担当メンバーが以前から知っていたWinテクノロジへ相談。Winテクノロジはマイクロソフトテクノロジーに精通し、深い知見を有することから、安心して相談できたという。
プロジェクトマネージャーである内藤氏は「Winテクノロジ社の技術支援により不安が取り除かれ、円滑にIntune を導入できた。結果的に IT 担当と教職員が抱えていた不満が一気に解決した」と振り返る。


ケイ・インターナショナルスクール東京
 IT マネージャー 内藤 俊之 氏
 IT サポート技術者 Dominic Arnold 氏

効果的に機能したIntune 技術支援機能

Intune の導入作業は、KIST のITサポート技術者であるArnold氏がメインで対応したが、Intune 利用経験がなかったため、知見を持つWinテクノロジの技術支援を利用した。KIST が効果的に利用した技術支援は以下の2点であった。

1.Intune の導入設計

 Intune の機能の中で利用するもの、しないものを取捨選択し、運用リスクを踏まえて導入に必要な以下のような情報整理と導入設計の策定を支援

2.Q&A、サポート対応

 担当のスキルと知識に応じた情報提供、サポートが提供されたことで未経験が故の苦労はあったがKISTのIT担当数名で Intune の理解度を深めつつ導入することができた。

最終的に Intune 導入により、以下のような課題が解決できた。



今では同業の学校法人に対して Intune の導入を推奨している内藤氏とDominic Arnold氏は次のように語っている。
「数時間、数日かかった作業が数分で完了する現状をとてもポジティブに感じる」
「PC管理に負担を感じてる法人は是非Intune を導入するべきだ。そして Intune 導入を支援してくれるパートナーは PC管理の負担軽減を実現してくれる。」


事例資料、関連リンク


本事例資料のダウンロード

本事例で使用したサービス
Microsoft Intune ベーシック導入プラン の詳細

ページトップへ


取得コンピテンシー

EQA
※認証範囲:Winテクノロジ事業ユニット

Facebook

Facebookページ【Winテクノロジ事業ユニット】
SNS公式アカウントコミュニティガイドライン