サイト内検索 検索

製品・サービス

One Address 365


複数テナント間のMicrosoft 365 ユーザー情報を同期して
コミュニケーションを強化しましょう。



グローバルアドレス帳とOne Address 365

新しい働き方の広がりとともに、Microsoft 365の活用が増えています。一方、海外拠点や関連会社それぞれが別テナントをご利用しているケースも多く見受けられます。しかし、本社と海外拠点や関連会社のテナント間のグローバルアドレス帳(※)の情報が共有されていないため、海外拠点や関連会社と「メールの送り先がわからない、検索できない」「Teamsを使ったコラボレーションが円滑に実施できない」というお客様の声を多くいただいています。

One Address 365は、複数のMicrosoft 365 テナントのグローバルアドレス帳のデータを同期し、相互にユーザー情報(名前、部署、役職、メールアドレスなど)を参照できるようにして、コミュニケーションを強化するソフトウェアです。

グローバルアドレス帳Global Address List ):
 Microsoft 365 Exchange Onlineで提供される連絡先情報の管理サービスです。グローバルアドレス帳には、テナント内のすべてのユーザー情報が含まれていますが、別のテナントのユーザー情報は含まれていません。追加のグローバルアドレス帳を作成することはできますが、ユーザーが使用できるグローバルアドレス帳はひとつしかありません。

マルチテナントのMicrosoft 365環境における課題

担当者の検索カウンターとなる担当者・責任者に連絡を取りたい

カウンターの部署名まではわかっても、担当者・責任者のメールアドレスがわからないと連絡を取ることが困難です。
Microsoft 365の標準設定では異なるテナントのユーザー情報を保持していないため、氏名もメールアドレスもわからないグループ会社の部門担当者、責任者の検索ができません。

ビジネスワーク推進グループ全体でのビジネスワークを推進したい

異なるテナントのユーザーが Teams で共同作業する場合、ゲストユーザーの登録が必要です。以下のふたつの方法がありますが、それぞれに課題があります。

  • 1.管理者がユーザーからの申請に基づいてゲストユーザーを登録する方法
    • システム運用上のコスト負担が大きくなります。
  • 2.ユーザー全員に権限を付与して、誰でもゲストユーザーを登録できるようにする方法
    • ゲストユーザー登録が制御されていないため、セキュリティ上のリスクが増します。
ユーザー検索 ユーザー検索をもっと活用したい

ユーザー検索を活用するためには統一された属性に統一された書式でのデータ格納が必要です。また、ユーザー検索の結果、同名ユーザーが表示されることがあります。正しく判断するためには「会社」「部署」「役職」などの情報が必要です。
しかし、各テナントのグローバルアドレス帳のデータは独自のルールで格納されており、格納属性や書式が統一されていないことが多々あります。



One Address 365の特長と課題の解決

テナント間のコミュニケーション活性化を支援

別テナントのユーザーをOutlookで検索

「One Address 365」は別テナントのユーザー情報を自社のグローバルアドレス帳へ自動的に同期します。相手の名前やメールアドレスがわからない場合でも、組織名や役職名などを手掛かりにOutlookのグローバルアドレス帳からユーザーを検索し、メールの送付や会議の招集ができるようになります。

安全にTeams の Microsoft 365 グループを作成

「One Address 365」は指定テナントの特定ユーザーのみを自社テナントにゲストユーザーとして自動的に同期できます。システム管理者やユーザーの運用コストをかけずに安全に海外拠点や関連会社がコラボレーションするグループが作成できるようになります。

複数テナントのユーザー情報を統合

「One Address 365」は各テナントのユーザー情報を統一した形式でグローバルアドレス帳に自動的に同期できます。「One Address 365」の項目マッピング設定やフィルタ設定の機能を利用してAzure Active Directoryのデータを統合します。「One Address 365」は統合したユーザー情報をお客様テナントのAzure SQL Databaseに格納します(お客様の他システムで利用可能です)。



ご利用イメージ

例:本社、研究所の2拠点でOne Address 365を導入した場合

One Address 365
Outlookでの表示イメージ

Outlookでの表示イメージ

テナント間で項目に格納されている値が「氏名」と「姓、名」などのように異なっていても、同期先の形式に変換しながらデータ同期することができます(※)。

※拡張導入が必要になります。 

料金

項目名 費用 備考
初期導入費用 ¥300,000 2テナント分費用。1テナント追加ごとに+¥100,000
拡張導入費用※ お問い合わせください
利用許諾費用 ¥180,000/月 2テナント分費用。1テナント追加ごとに+¥80,000/月

※項目マッピング、フィルタ設定をカスタマイズする場合に必要となります。




  • One Address 365はWinテクノロジ株式会社が商標登録出願中です。
  • Microsoft、Windows、Office 365、Teams は米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • サービス内容については予告なく変更される場合があります。

ページトップへ


取得コンピテンシー

プライバシーポリシー 当社は個人情報を適切に取り扱う事業者として、
プライバシーマークの付与認定を受けています。

個人情報保護への取り組み

EQA

Facebook

WinテクノロジのFacebookページ
SNS公式アカウントコミュニティガイドライン